高尾山完全制覇の旅。 前編

こんにちは!

1.7m級の管理人です。


先日のとあるお休みの日。


「登山をしたい」という声が聞こえたので、関東低山登山入門に最適な高尾山へ行きました。


住所は八王子市高尾町なんですね。知りませんでした。


朝、9時に集合。


足立区から車で鹿浜入り口→首都高→中央道→八王子第二出口→一般道で約1時間半位です。


ナビを見ながら運転していましたが、八王子第二出口で降りなくてはいけないところ、八王子第一出口で思わず降りてしまい、約20分ほどロスしてしまいました。


10時半頃高尾山口の駐車場に到着すると公共駐車場はすでに満車。


駐車場のオジサンに私設駐車場を教えてもらい無事到着



車を降りてスタート地点を探します。
DSC01336 moza_R




この日の最高気温は9℃。意外と寒そう。
S__30213240_R.jpg




ふもとの桜は5分咲き。🌸
DSC01349_R.jpg




とりあえず、腹ごしらえです。



とろろ蕎麦が美味しいらしいという情報のもと、ふもとのお蕎麦屋さんに入店。
DSC01351 moza_R




今回のメンバーは大人3、子供3の男女混合パーティーなので、6名専用席に着席。
DSC01339_R.jpg




先に食券を買うスタイルのお店です。

荷物を置いたら奥の券売機で食券を購入します。
DSC01338 moza_R



各自食券をテーブルに並べて出来上がりを待ちます。
DSC01343_R.jpg




私はとろろそば冷
DSC01347_R.jpg


とろろが多くてツルッと食べてしまいました。


もう一食、食べられそうでしたが、これから登山なので腹6分目でやめておきました



お蕎麦屋さんのトイレをお借りしてそろそろ出発できそうかな


すでに11時です。


高尾山には頂上までのルートがいくつかあるみたいなので、高尾山口駅前の地図で確認します。
高尾山登山 20170402_170403_0120_R




ドのつく初心者チームの私たちは、なるべくお休み処がいっぱいあって、楽なコースを選んだ結果、一号路を行くことにしました。
高尾山登山 20170402_170403_0119_R



ハイっ、スタートです



地面は舗装されており、歩きやすいし、所々に休憩ポイントがある親切設計です。
DSC01356_R.jpg




道中こんな石でできた、真ん中が回せる石があります。

石には舌や耳などと体の部位が書かれています。

小1女子のピンク隊員は「舌」と書かれた石の前で素直に舌をべーっと出していました。
DSC01363_R.jpg




初心者コースだと思って、少し油断していました

結構勾配がきついところがあります。

1.41m級のアグリガールは一人でどんどん先へ行ってしまいました。
DSC01358_R.jpg



1.41m級のアグリガールも途中で見つかり展望台に到着。


ここで4/1くらいは登ったでしょうか。

ふもとでそばを食べてから30分位しか経っていませんが、高1男子隊員が「天狗ラーメン食べたい」と


女性陣は「さっき食べたばかりだから、もっと登ってからにしよう」と却下。


私は高1男子隊員と半分こでもいいかなと思いましたが、この先どのくらい時間がかかるか分からないので黙ってスルー
DSC01413_R.jpg


ラーメンの代わりにお菓子やお茶を飲んで少し休憩しました。


少し歩いたところにある、さる園へ
高尾山登山 20170402_170403_0126_R



大人420円、小学生210円です。
DSC01378_R.jpg



お決まりショット。
DSC01401 moza_R



おさるの缶にお絵かきして、缶バッジにしてくれる体験実行中。
DSC01397_R.jpg



超真剣に書いていて、時間がかかりそうなので私と高1男子隊員は階段を上り、2階の餌やり場へ。
DSC01398_R.jpg




猿軍団が自由に過ごしています。
DSC01386_R.jpg




餌売り係のオジサンから100円で猿の餌を買い、高1男子隊員に渡しました。


牧草をギュット固めた感じの草おかきのようなもので、あまり良いにおいではありません。
DSC01389_R.jpg



高1男子隊員は小さい子供の猿におかきを届けようとフルパワーで投げますが、おかきが軽くて思うように届かず、大人猿に取られたりしました
DSC01395_R.jpg




エサやりも終えたので、下の階に戻ってみると、まだ缶バッジを作っていました。
DSC01396_R.jpg





やることも無いので、野草園へ
DSC01399_R.jpg

説明看板はありますが、何も生えていないただの雑木林にしか見えません。

まだ、季節が早すぎたのでしょう。


さる園を後にして頂上を目指します。


しかし、こんな調子で頂上へ到達できるのか、少し不安になってきました



途中、花粉症患者には悪魔としか思えないこんなポイントや↓
高尾山登山 20170402_170403_0122_R



高尾山お得意の石モニュメントを制覇して、
DSC01411 nmoza_R




浄心門をくぐると小さなお堂がいくつかあり、すべてのお賽銭箱にチャリ銭を入れていきますがパーティーとはぐれてしまうので、お願いもせず、ただ賽銭を入れていきます
高尾山登山 20170402_170403_0125_R




登山なので当たり前ですが、ずーっと坂が続いています。
高尾山登山 20170402_170403_0123_R




そろそろ中盤というところで何故か一行は階段バージョンの男坂をチョイス

合計108段。煩悩の数と同じそうです。

現場ではそんな事どうでもいい。ヒーヒーっ

普通に歩いてきた坂と違って足の上げ方が変わります。きついっす
DSC01410_R.jpg



男坂女坂を過ぎると大きな山門が現れます。
DSC01414_R.jpg



懺悔懺悔って ヒーヒー言いながらやっとこさここまでたどり着いたのに、もう少し優しい言葉をかけてほしい・・・
DSC01416_R.jpg





この付近には少しだけ雪が残っていました。

ピンク隊員は無心で雪を蹴散らしにかかっています
DSC01418 moza_R



薬王院までくれば頂上はすぐのようです。

とりあえず、完全制覇を目指して頂上へ。
DSC01407_R.jpg



薬王院からチョロッと階段を登って5分で頂上へ到着

外国人の方々や、抱っこ紐で赤ちゃん連れのお父さんなど結構人がいます。
DSC01427_R.jpg




そこそこ霞がかっていますが、良い景色
DSC01430_R.jpg



599.15m登頂成功!
DSC01424 moza_R



さる園などより道をしながら、ゆっくり登ってきて約2時間。


山頂に到着したのは午後1時。

到着するなり、お子達はアイスクリームをほおばります。

結構寒いんですけどね
DSC01428 moza_R



結構長くなってきたので後日、完結編へ続きます・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント