真岡ファーム ジャガイモ種付け

こんにちは!

1.7m級の管理人です。( ̄^ ̄)ゞ



常連さんが栃木県にある真岡市(もうかし)で友人から畑の一画を借りており、その畑にジャガイモの種イモを植えに行ってきました。


常連さんはご都合で一緒に行けないとのことで、常連さんのお友達3人と私と当店シェフと1.57m級の高1男子の6人のメンバーです。

常連様のお友達は良く通る声の大工の旦那と、サングラスの似合う明るい旦那さんと、静かでにこやかな女性の3二人組です


朝8時に当店近くで集合して出発です


平日だったのでトラックや車が多く、足立区から国道4号線をひたすら北上して真岡市まで約2時間かかりました。


畑へ向かう前にジャガイモの種イモと地元の野菜を購入。
DSC_1796_R.jpg


ここの青果店はニワトリも飼っており、たまたま横にいた青い目の外国人の子供と一緒にニワトリ見物。
クックドゥードゥールドゥ
DSC_1798_R.jpg



種イモを購入して畑へ到着。


畑は良く耕されており、足を踏み入れると10cm位フワッと沈み込みます。
DSC_1799_R.jpg




ベテラン男衆は慣れた様子で種イモを植える溝を掘るため直線を糸で作って、その横を掘っていきます。
DSC_1800_R.jpg




女性陣は種イモをカットして灰をまぶしていきます。

種イモは「きたあかり」「男爵」「メイクイン」「とうや」の4種類。

全て北海道産の種イモですが、去年の天候不順で種イモが小さいので小さいものはカットせずに植えます。
DSC_1801_R.jpg



掘った溝に種イモを30cm間隔で並べていきます。

片方の足を溝の中に置いて、つま先に種イモを1個おいて、1歩進んで種イモをまた置いて・・・を繰り返します。
DSC_1804_R.jpg




種イモを並べ終わったら、イモとイモの間に片手いっぱいの肥料を撒いていきます。
DSC_1805_R.jpg



途中で20kgの肥料が無くなったので車で買いに走りました。



全ての作業が完了したのは午後1時です。


10時から1時まで3時間動きっぱなしでした。




約30mの溝に12列分、種イモを植えつけました。
DSC_1802_R.jpg





ベテランの皆さんはホントに元気です。


彼らよりも若いはずの私たちは慣れていない作業のせいか体がガタガタです


帰る前に畑の地主さんへ当店手作りスウィーツを差し入れしてから畑をあとにしました。
saramishoko 3rennnarabi_R




足立区へ向け4号線をひたすら南下する途中のラーメン屋さんで遅い昼食を摂りました。



疲労と満腹で渋滞の中を走る途中の河原で菜花とからし菜を採ろうということになり、お花を摘みにちょっと寄り道。

菜の花はお花ではなく、芽の部分を食べるようです。
DSC_1808_R.jpg


からし菜は茎の部分を採ります。
DSC_1809_R.jpg



お店に着いたのが午後3時頃でした。

朝8時から午後3時までほとんど一日仕事でした


皿沼のアレターベル農園にもジャガイモを植えましたが、種イモ14個分なので真岡市の畑に植えた量と比べると比になりません。


今夏はジャガイモの大量収穫が期待できそうです

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント