聖バレンタイン

こんにちは!

1.7m級の管理人です。(^-^)/



バレンタインデーの歴史は、ローマ帝国の時代にさかのぼるらしいです。



日本社会に定着したのは、1970年代後半に「女性が男性に対して、親愛の情を込めてチョコレートを贈与する」という「日本型バレンタインデー」の様式が成立したのもこの頃のようです。


また、「恋人までは行かないが、友人として」贈る「義理チョコ」、同性(主に女性)間で贈り合ったりする「友チョコ」、男性が女性に渡す「逆チョコ」、自分で買って食べる「自己チョコ」、男性が男友達に送り合ったりする「強敵(とも)チョコ」というものもあるようです


西ヨーロッパなどでは、男性も女性も、花やケーキ、カードなど様々な贈り物を、恋人や親しい人に贈る日で、イギリスではカードには、「From Your Valentine」と書いたり、「Be My Valentine.」と書いたりするらしいです。


嬉し恥ずかしバレンタインデー




当店ではコチラを用意しました
DSC00257_R.jpg




続々と生産されています
DSC00258_R.jpg




フワッとベッドにペアで並びます
DSC00262_R.jpg



包装したら出来上がり

アレターベルベアのペアクッキー
aretabeakukki_R.jpg



サクッフワッと口の中でトロケルチョコクッキーとクーベルチュールチョコレートが1/3程度付いています。



チョコレート全部付けだと甘々になってしまいますからね



身長は耳から足先まで7cm

幅も7cmです。



2月12(日)までキャンペーン価格にて販売いたします




コチラのアレターベルベアのペアクッキー通常¥500のところ・・・¥350(税込み)
aretabeakukki_R.jpg






コチラのアレターベルベアのシングルクッキーが通常¥200のところ・・・¥150(税込み)
aretabeatannpin_R.jpg




ペアクッキーの方が少々お高いのはフワフワベッドの包装代を含んでいるからです


日ごろお世話になっている方へ、友チョコ、義理チョコ、などにいかがでしょうか?



「私が手作りで作りました。チョコレートはパティシエが使っているクーベルチュールチョコレートですっ」と慎ましくサラっと偽装した本命チョコなどにもいかがでしょうか?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント