Stollen(シュトーレン)

こんにちは!

1.7m級の管理人です。W(`0`)W



Stollen 正しくは「シュトレン」と読むらしいです。ドイツでは。

ドイツでは、クリスマスを待つアドベント「キリストの到来」の間、少しずつスライスして食べる習慣があるようです。

クリスマスはキリストのお誕生日なんですね~。

すっかり忘れていました。

クリスマスはチキンとケーキの日でしょっ


生地には洋酒漬けのレーズンやナッツが練りこまれています。↓
DSC09470_R.jpg

レーズンの上の生地はアーモンドパウダーたっぷりのマジパンです。





焼く前から美味しそうです。↓
DSC09468_R.jpg






型に入れてオーブンへ↓
DSC09471_R.jpg





焼きあがったら、表面に粉砂糖をまぶします。↓
DSC09475_R.jpg





見た目はパンです↓
shutorenn 1hon_R




がっっ




切ってみるとナッツやレーズンがタップリ
shutoren sara_R




フルーツの風味などが日ごとにパンへ移っていくため、「今日よりも明日、明日よりもあさってと、クリスマス当日がだんだん待ち遠しくなる」とされています。



検証しました。(*´~`*)



1日目  柔らかい出来立ての菓子パン。これはこれで美味しい。

2日目  生地自体が少し固くなって、レーズンの風味が生地に移ってきました。

3日目  生地も固くなり、レーズンの風味も生地に移って、最適な食べごろ。


Wikipediaの情報は正しかったようです。(#^.^#)


クリスマスの日までシュトーレンの変化を楽しみながら、キリストの生誕祭を待つドイツの人ってロマンチックですね






当店では2サイズでご用意しました。



1ホール  ¥1,700
shutorenn 1hon_R


ハーフ   ¥900
shutoren half_R




クリスマスまでシュトーレンを楽しみながら過ごしたい方はコチラへご連絡くださいませ。→☎03-5647-8128

4~5日前にご連絡いただければ、ご用意させて頂きます。(。-_-。)

よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント